日本語講師ブログ

こんにちは。日本語教師の平田です。
皆さんは最近、驚いたニュースがありますか。私は2019年1月1日から平成から新元号に変更を検討しているというニュースが最近では一番驚きました。いよいよ平成も終わり、次はどんな元号になるのか、非常に興味深いですが、和暦というのは留学生たちにとって一体どんなものなのでしょうか?
おそらく覚えなくても支障がないもの、そういうのもあるのね、という感覚だと思います。わたしの経験上、今年が平成何年なのかすぐに言える学生はほとんどいません(^^; じゃあ、これが西暦なら言えるのかというと、実はそうとも限らないのです。

NILSには多くのネパール人学生が大学、専門学校進学を目指して日本語の勉強に日々奮闘していますが、ネパールでは『ビクラム暦』というのが使われています。これが西暦とはかなり年数、月日に違いがあり、さらに年が明けるのは西暦の1月ではなく西暦の4月! 西暦2017年1月はビクラム暦で2073年9~10月となります。ちなみに今年は2017年4月14日がネパールのお正月、ビクラム暦2074年1月1日です。
ネパールの公的な文書はビクラム暦でしか書かれていないこともあり、わたしたちが学生の高校や大学の卒業証明書を見ても「ん…これは西暦で何年だろう…?」と困ってしまいます。また、日にちも「これ、いいの?」と思うことがあります。西暦では各月の日数は決まっていますよね?1月は31日、4月は30日、のように。ビクラム暦では年により、各月の日数まで変わることも。各月29日~32日まであるので、見たこともないような日付が出てきます。ビクラム暦では2月30日なんてこともあり、「これ、間違ってない?」なんてこともあります。もう頭の中は???です(> <)

このように西暦とは別に、わたしたち日本人が使っている和暦やネパール人が使っているビクラム暦のように、暦一つとっても、それぞれの国にそれぞれの文化があります。わかってはいるけど、このような文化の違いも留学生と接することで実感できるんですよねぇ。
わたしたちが当たり前だと思っていることも、世界のどこでも通用するわけではないとつくづく思い知らされます(笑)。

日本語教師を目指している人はいろんなバックグラウンドがあります。大学を卒業したばかりの人、子育てされている人、転職を考えている人、定年を迎えた人などなど、人生経験豊富な人もいらっしゃいますが、日本語教師になることで、自らの視野の狭さに気付き、驚くことがたくさんありますよ。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

こんにちは。日本語教師の十島です。
私は今、初級クラスを担当し、メインテキストの「みんなの日本語」を教えています。
みんなの日本語の1課、2課…と各課が終わるごとに確認テストを行っていますが、漢字の点数が他と比べると悪いんです。語彙や文法がほぼ満点なのに、漢字だけが得点できない。
どんな勉強をしているのか、点数が取れなかった学生を呼んで確認してみると、「勉強の仕方がわからない」という学生が数名いました。さらに突っ込んで話を聞いてみると、ただ見るだけだったり、数回(といっても2~3回)書くだけだったりと、やはりきちんと勉強できているとは全く言えない状況でした。
私たち日本人でさえ、小学生の頃は何度も何度も書いて覚えましたよね?外国人留学生(特に非漢字圏の学生)にとって、漢字は何かの記号のようにしか見えないはずです。漢字の仕組みや「へん」や「つくり」などの組み合わせなどで楽しく学ぶことができても、やはり漢字を習得するには何度も書いて慣れていくしかありません。
また、一つの字で複数の読みがある漢字もありますので、熟語にしたり、日常使う言葉で教えたり、学生が分かりやすい方法で教えていく必要がありますが、学生の中には漢字を書くだけで、読み方を一緒に練習していない学生も見られます。
日本で生活をしていく以上、漢字は避けて通れません。慣れない漢字を覚えるのはたいへんなことですが、専用の練習プリントで宿題を出し、再テストをして確認するなどして、最初から漢字でつまずいてしまわないよう努めています。

日本語を勉強するまで漢字に触れることがなかった学生に対して、勉強の仕方や覚え方をどのように指導していくのか、もっと勉強しなければなりません。漢字はどんどん難しくなりますし、数も増えていきますので、学生たちが苦手意識を持たずに、また漢字を楽しいと思えるような指導を心がけていきたいと思います。

(写真提供:ペイレスイメージズ)

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

「かな」の勉強

2016年8月22日

こんにちは。日本語教師の薄です。
NILSに7月生が入学しました。
NILSでは多くの学生が発音とひらがなの勉強から始めます。私はいつもは中上級のクラスを受け持つことが多いのですが、今回久しぶりにかなの授業を受け持ちました。
私が担当したのは濁音と半濁音でした。
発音の授業では、日本語教師が発音して、学生がリピートをし、発音が悪かったらよくなるまで練習を繰り返します。
「ざ・じ・ず・ぜ・ぞ」の練習が終わった後、「だ・ぢ・づ・で・ど」をし始めると、「じ」・「ぢ」と「ず」・「づ」の発音を微妙に変えている学生がいました。昔は発音に違いがあったこの2つのペア、今は違いがありません。しかし、外国人からしてみると、表記が違えば発音が違うだろうと思うのは自然のことですね。そういうポイントも教えます。
一見、簡単そうに思えるかなの授業ですが、発音を正したり、ひらがなを正確なバランスで書かせたり、ひさびさに入るとなかなか大変な授業でした。
日本語以外にも、授業中の姿勢や、プリントのファイリングの仕方、授業中のマナーなど教えることが盛りだくさんなのが、新入生の授業です。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

個展

2016年8月18日

こんにちは、日本語教師の平田です。暑い日が続いていますが、皆さんはいかがお過ごしですか。お盆休みはどこかに出かけられましたか。私は休みの間、NILS卒業生のスレスタ イスウォル クマルさんが初めて絵画展を開くというので見に行ってきました。

現在は某大学の芸術学科に在籍しているイスウォルさん、今回は大学の先生から直々に個展をやってみないかとお声がかかったそうです。NILS在籍時から絵の上手さには定評があった彼ですが、その時はまさか個展まで開くようになるとは夢にも思いませんでした。こんなにビッグになるなら、個人的になにか描いてもらえばよかった…というのは冗談ですが、久々に会ったイスウォルさんはとても生き生きとしていて、「先生は相変わらずイケメンですね」と嬉しい言葉をかけてくれました。絵ばかりでなく、日本語も上達して、お世辞も言えるようになったんですね…(泣)。

おっと、個展の内容はというと、ネパールの豊かな自然、雄大なヒマラヤ山脈や美しい河川を描いたもので、見ているだけでネパールに行ったような気持ちにさせられるものでした。どれもわりと大きめのキャンパスに描かれてありましたが、かかった時間は1点につき、4時間ぐらいだそうです。は、はやい…。私には1週間かけても、無理そうです(^^;

そして別れ際、イスウォルさんに今後の目標を聞くと大学を卒業後、大学院でさらに絵画の勉強をしたいとか。うーん、さすが!イスウォルさん、次の目標まで決まっているとは驚きました。とても高い目標ですが、彼ならきっと叶えることができるでしょう。

日本語教師は大変なことも多いですが、その分、喜びも多く、なにより学生たちが成長した姿を見るのは一番の喜びです。この夏休み、彼と会ったことでとても元気をもらうことができました。よし!新学期も彼に負けないぐらい頑張らなくちゃ!

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

学校行事

2016年8月16日

こんにちは。日本語教師の平尾です。
先日、七夕会を実施しました。NILSの七夕会は、短冊に願いごとを書いて笹に飾りつけるだけでなく、書道や茶道などの文化体験をやったり、浴衣を着たり、と日本の文化に触れるイベントです。学生はみんな楽しそうにしていました。

日本語学校では日本語の勉強だけでなく、スポーツ大会、スピーチコンテストなど様々な学校行事があります。日本語教師は日本語を教えるだけでなく学校行事の企画、運営も行います。基本的な企画、運営は教師が行いますが、学生が主体となって創り上げていけるように教師は学生をサポートします。
学生の中には学生自身が主体となって行事をつくるという経験をあまりしたことがない学生も結構います。行事の司会、準備など初めて経験することもたくさんあり、新入生などまだ行事をあまり経験していない学生は戸惑うことも多くみられます(上級生になれば、何度も行事を経験しているので、テキパキ動けるのですが)。そんなとき、学生が積極的に行事に参加できるように、教師の実行力、指導力が必要になります。
学生が主体となって行事をつくることによって、日本語だけでなく、日本の文化、日本人の考え方、積極性など様々なことを学び、身につけていくのではないかと思います。
今年もまだまだいくつも行事が控えています。縁の下の力持ちとなって学生と一緒に思い出に残るような行事をつくっていきたいと思います。
   

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

日本の夏

2016年8月10日

こんにちは。日本語教師の平田です。
夏もいよいよ本番!先日、留学生数人でまだ夜のうちから出かけて博多まで山笠を見に行ってきたそうで、朝登校してきたときには「ねむ~い」の連呼でした。そして今週から7月生以外は待ちに待った夏休み!先生たちも「お休み~」と言いたいところですが、7月入学の留学生が続々と来日。入学式、新入生歓迎のバーベキュー大会の準備、授業準備などすることが盛りだくさんです。忙しぃ~。

そして来日したばかりの学生にとっては全てが慣れないことだらけで先生たちの比じゃないくらい大変そう^^;)
一番の大敵は日本の暑さ。やはり、私たちが気をつけていなければこの高温多湿な気候で、学生たちはすぐ体調を崩してしまいます。食べ物はすぐ食べないなら冷蔵庫に入れること、我慢せずにエアコンを入れること、水分はきちんと摂取することなど。私たちは耳にタコができるくらい聞いた注意事項ですが、気候が違う外国から来た学生にとっては初めて聞くこともあるはずです。生活の管理も日本語教師の大切な仕事。これぐらいはわかるだろうではなく、きちんとしたアナウンスが必要ですね。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

言い伝え

2016年8月8日

こんにちは。日本語教師の薄です。
先日、『~と言われている』の文法を練習している時、学生の国の言い伝えについて質問しました。
近い国だと同じ言い伝えがあったり、同じようでいてちょっとした違いがあったりしてとても面白かったです。
いくつかご紹介します。

日本:『虹を見るといいことが起きる』
中国:『虹を指さしてはいけない。』

日本:『茶柱がたつと縁起がいい』
中国:『茶柱がたつと旧友が訪れる』

日本・中国・ネパール・インド:『夜に爪を切ると親の死に目にあえない』
ネパール:『うちの中に切った爪を捨ててはいけない』

ネパール:『遠くに出かける時に、「どこに行くんですか」と聞かれると縁起が悪い』

インド:『朝、牛乳をこぼすと縁起が悪い』

このような話をしていた時、アメリカ・カナダ・スウェーデンの学生はあまり発言がありませんでした。それぞれの国に言い伝えがないわけではないそうですが。すぐに思いつかないとのことです。彼らが若いためでしょうか、それとも、彼らの国では言い伝えや迷信を信じられなくなってきたのでしょうか。違う国でも同じようなことが言われていることを知るとやはり文化は繋がっているんだなあと感じます。
いろんな国の文化に触れることができるのも日本語教師の魅力ですね。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

日本語能力試験

2016年8月4日

こんにちは、日本語教師の十島です。
先月の3日にJLPT(日本語能力試験)の1回目の試験が行われ、私も当日は学生の引率をしました。今回はN3レベルのテストを受ける学生の引率として試験が行われた専門学校へ行きました。JLPTは午後からのテストで、朝が苦手な学生も集合時間に遅れることなく、試験会場につくことができました。(電車からバスに乗り換える際、なぜかバスに乗れなかった学生が駅で取り残されていましたが…)
次の日テストの感想を学生に聞きましたが、難しい漢字がたくさん出ていて上手くできなかった学生もいたようです。NILSでは中級のクラスからJLPTやEJU(日本留学試験)の対策をしています。少しずつ正答率は上がっているらしいものの、やはり漢字は難しいようで、悪戦苦闘している学生が多く見られます。学校の対策授業だけでは当然合格できません。自宅学習で繰り返し復習しなければ、簡単に「合格」できるものではありません。
自宅学習の大切さを学生にしっかり理解してもらい、全員合格を目指したいですね。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

こんにちは。日本語教師の宮﨑です。
「そのはさみ、なおしといて」
こう言われると、福岡の人ははさみを片づけます。この「なおす」の意味は、「治す」、「直す」ではありません。「片づける」の意味なのです。福岡では普通に使われるこの表現、実は方言なんですね。
普段使う言葉を意識している人はなかなかいないと思います。
また、アクセントもそうです。正しいアクセントで話さなければ、意味がかわります。
では、どうすれば自分が間違えていると気が付くのか。それは、他人が話している言葉を聞いて、「何か変だな」と思ったら、すぐに調べることです。言葉の意味であれば辞書で、アクセント等であればアクセント辞典で調べるとよいでしょう。
私たち日本語教師は、常に言葉にアンテナをはり、正しい日本語を意識する必要があるのです。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

こんにちは。日本語教師の薄です。
初級の授業に入ったとき、
「お湯を沸かすのに使うものがほしいんですが。」
という例文がありました。

私はこの例文を見て
「あれ?お湯を沸かす?水を沸かす?」
と思い、まず『沸かす』を辞書で引きました。すると2つの意味が載っていました(みなさんもご自分で引いてみてくださいね)。さらにインターネット等で調べると、恥ずかしながら私はこの時初めて知ったのですが、このことについて日本語教育の上でよく取り上げてあることが分かりました。

これは『を』の問題でした。『を』には対象目的語の用法と、結果目的語の用法があるので、お湯を沸かすは正しい日本語です。この用法には他に『ホームランを打つ』『料理を作る』などがあります。

自分の使っている日本語が正しいつもりでいて、学生に間違ったことを教える危険もありました。日本語教師として、もっと日本語に敏感にならなければと身が引き締まる思いです。

にほんブログ村 教育ブログ 日本語教育へ

お問い合わせ・資料請求はこちら
授業見学
コース案内
420時間マスターコース
日本語教育能力試験対策コース
トレーナーコース
実践 試験直前講座(オプション)
教育訓練給付制度
420時間マスターコースのカリキュラムを図と動画で解説

当校へのアクセス

  • 日本語教師養成学校
    ニューヨークアカデミー

    福岡県福岡市南区大橋1-17-6
    西鉄大橋駅 徒歩2分